仮性包茎なら治療の必要性はない

海外では宗教上の理由や慣習から割礼を行い、子どもの頃から包茎手術が行われています。
そのため仮性包茎の外国人は少ないとされ、反対に治療の習慣がない日本人は多いとされています。
雑誌やネットを見ていると仮性包茎の治療を促す広告が多く、最近ではテレビコマーシャルも放送されているほどです。
このような仮性包茎を悪だとする考え方が日本人の間でも根付いており、治療の必要性は高いと思うかもしれません。
しかし仮性包茎なら手術などの治療を行う必要性はないと泌尿器科医も話しており、世間一般の考え方は間違っていると指摘しています。

治療の必要性はない仮性包茎

包茎と一口に言っても3つの種類があり、仮性包茎と真性包茎、カントン包茎です。
真性包茎とカントン包茎は手で包皮をペニスの根元に引っ張っても、亀頭が現れない状態です。
亀頭が完全に包皮に覆われていると内部で細菌が繁殖したり、上手く射精ができないなどの問題があります。
そのため真性包茎とカントン包茎は治療の必要性が高く、なかには健康保険が適用されるケースもあるほどです。
一方の仮性包茎は、包皮をペニスの根元に引っ張ると亀頭が完全に露出する状態です。
包皮を下げればいわゆるずる剥けの状態になるので、見た目は一般的なペニスと変わりありません。
同じ包茎でも包皮を下げてずる剥けにできるなら、仮性包茎なので治療の必要性は基本的にありません。
仮性包茎だと恥垢が溜まり病気や異臭の原因になると言われますが、お風呂に入ったときに包皮を下げペニスを綺麗に洗っていれば、清潔な状態は保たれ病気の原因となる雑菌が繁殖したり異臭もしなくなります。
ネットでは仮性包茎のままだと衛生状態が悪く病気の原因になるとあおるサイトも多くありますが、毎日丁寧にペニスを洗って清潔にしていれば問題ないので、必要以上に不安にならないようにしてください。

意外と女性は気にしない仮性包茎

衛生面でも問題はなくても、仮性包茎で困るのは女性の前です。
一般的に男性は仮性包茎よりずる剥けの方が良いと女性は思っているイメージがあるので、仮性包茎だと女性の前で裸になるのを躊躇ってしまいます。
もし仮性包茎であることが彼女にバレて嫌われたらと思うと、隠したくなる男性の心理は当然かもしれません。
そのためなかなか恋愛で積極的になれなかったり、性行為をするときもコソコソ隠そうとして自信がないように女性からは見えてしまいます。
自分に自信がない男性は頼りなく見えるので、それこそ女性から嫌われる原因になるでしょう。
女性の前で仮性包茎を隠して自信がない態度を見せるよりも、堂々としていた方が良い場合もあります。
そもそも女性は、男性のペニスについてそれほど気にしていません。
たとえば女性に仮性包茎とずる剥けの男性どちらが良いかと尋ねたら、返答に困り明確に仮性包茎を否定する発言をしないとされています。
もちろんペニスを丁寧に洗わず異臭がしたりしていたら、女性からは嫌がられるでしょう。
ですが毎日丁寧にお風呂で洗い清潔な状態を保っていたら異臭などはしないので、女性は特に気にせず他の男性と同じように接してくれます。

仮性包茎を治療する必要性とデメリット

ネットやメディアからは仮性包茎は治療する必要性が高いとあおられていますが、そもそもクリニックで治療を受けることにはデメリットもあります。
たとえば仮性包茎の手術をクリニックで受けたら、高額な料金を払わなければいけません。
仮性包茎に悩む若い学生さんにとってはバイト代がなくなる大きな金額なので、気軽に受けられる料金ではないでしょう。
また仮性包茎の手術を受けたら、その後のケアも大変です。
一定期間は生活の一部を制限されてしまいますし、激しい痛みを感じるケースもあります。
さらに仮性包茎を治療しても、必ず見た目のコンプレックスが解消されるわけではありません。
治療方法によってはペニスがツートンカラーになったり傷跡が残ったりして、仮性包茎を治療したと経験があるとすぐにバレてしまいます。
見ただけでわかるなら、リスクを冒してまで治療を受ける意味はないでしょう。
そして仮性包茎の治療を行うクリニックの中には、悪徳なところも多くあります。
悪徳なクリニックで治療を受けると料金トラブルが起きたり術後の見た目が悪くなったりしたり、重大な後遺症が残ってしまうケースもあるので、高いリスクも存在しているのが仮性包茎の治療です。

まとめ

クリニックで治療を受け仮性包茎が解消したら、確かにさまざまなメリットがあるでしょう。
しかし治療に失敗してしまうとさまざまなトラブルに巻き込まれて、必要性がないなら受けなければ良かったと後悔する男性も多くいます。
治療では麻酔を使いメスで包皮を切ったりするので、重くないとは言え身体には負担がかかります。
失敗すると取り返しが付かないケースもあるので、必要性が高くないなら仮性包茎は治療しないという選択肢はありでしょう。
周りの男性の言葉やネット・メディアで流される宣伝に惑わされず、慎重に本当に必要性が高いのか考えてください。